ソルポニエンテ

ソルポニエンテ

 

店舗紹介

  1. TOPページ
  2. 店舗紹介

きららビーチを望む
ソル・ポニエンテ

ソル・ポニエンテは、
スペイン語で「夕陽」のこと。

レストランは穏やかな瀬戸内海・周防灘に望み、「日本の夕陽百選」に選定された美しい夕陽を眺めることができます。

「日本の夕陽百選」
日本の美しい夕陽を選りすぐった、100箇所。
山口県ではきららビーチ焼野・竜王山公園(山陽小野田市)、笠山・菊ヶ浜(萩市)が選ばれています。

建築家「隈研吾」設計

ソル・ポニエンテの建物は、建築家 隈研吾氏による設計(作品名:海/フィルター)です。

『小野田市南部、瀬戸内海の砂浜に面して立つスペイン料理のレストラン。建築をレストラン棟とバル棟の2つにわけ、その間の孔を通じて、陸地と海とをつないだ。外壁部分には有孔レンガを用い、レンガの孔を解して視線が通る向きでレンガを積み重ねるという特殊なディテールを採用することで、透明性と素材の暖かさとを両立させた「透明なレンガ壁」を実現した。』
引用元:隈研吾建築都市設計

本日の
日没時刻
20:05